ヘアケアの方法を解説!人気シャンプーなどおすすめヘアケア商品を紹介

自分の髪質チェック方法やシャンプーの選び方

髪質やダメージなどで悩んでいる方の中には「ヘアケアをしたいけど何からすればいいか分からない」と思っている方も多いのではないでしょうか。

自分の髪質を知ることで、それに合わせたヘアケア用品を選べるようになります。こちらでは、自分の髪質チェック方法や髪質別のおすすめヘアケアアイテムをご紹介いたします。

※当サイトは一部にプロモーションを含んで運営しています。記載している商品・サービスの評価や内容に影響することはありません。
ヘアケア

髪質のチェック

まずは、自分の髪質をチェックすることからはじめてみましょう。

剛毛or軟毛?

剛毛は、1本1本硬くてしっかりしている髪質で、コテのカールがつきにくくコシがあります。軟毛は、細く柔らかい髪質で、枝毛になりやすくセットがしやすいという特徴があります。以下のようにすれば、剛毛か軟毛か簡単にチェックできますよ。

1.

髪の毛1本を指に10秒くらい巻き付ける

2.

手を離した時にすぐピンと戻るなら剛毛、らせん状になってゆっくり戻るなら軟毛

直毛orくせ毛?

直毛とは、文字通り真っ直ぐな毛のことです。まとまりやすいストレートヘアでボリュームを出すのが難しいことが特徴にあげられます。反対にくせ毛は、毛にうねりがあり乾燥しやすく傷みやすい傾向にあります。

1.

全体、部分的に縮れている

2.

髪がまとまらない

3.

うねる部分がある

上記にあてはまればくせ毛の可能性が高いです。しかし、もともと直毛の方でもカラーやパーマによるダメージで、うねりが出たり一時的にくせ毛になったりすることがあります。

元々の髪質にもよりますが、その時のコンディションによっても変化してくるので、現在の髪質を確認してケア方法を考えましょう。

髪質別ヘアケア用品

せっかくお金を出してヘアケア用品を買うのであれば、自分の髪質に合ったアイテムを使いたいですよね。ここでは、髪質別のおすすめアウトバスアイテムを紹介していきます。

剛毛・量が多い

ヘアクリーム

油分と水分をバランスよく配合しているので、水を弾きやすい硬い髪質向け

ヘアオイル

艶感を出しやすく、ボリュームダウンできる

軟毛・絡まりやすい

ヘアスプレー

油分と水分をバランスよく配合しているので、水を弾きやすい硬い髪質向け

ヘアオイル

水分が多いので軽い仕上がり

ヘアジェル

商品によって水分が多いのか油分が多いのか異なる。サラサラにしたいなら水分多めがおすすめ

ダメージが気になる

ヘアミルク

毛髪補修効果がある成分を含んでいるものが多い

髪への注意点

顔などの肌もそうですが、髪も摩擦が苦手なのでタオルドライの時はタオルは地肌の水分を取るようにし、毛先は適当な束にして水分を取ります。紫外線対策は髪用の対策グッズを使って、しっかりダメージから髪を守りましょう。

定期的にサロンでヘアケアしてもらうとより一層美しい髪になれます。美容師さんに髪質や状態を確認してもらった上で、ヘッドスパを受けてみるのもおすすめです。サロンによっても違いがありますから、特にヘアケアにこだわっているところを選んでみるのも良いでしょう。

自分で行うヘアケアはとても重要なので、見直しをしてみるのも大切です。シャンプーを別のタイプに変えたり、ヘアオイルを使っていない方は使ってみると変化を感じやすいです。自分の髪質に合ったヘアケア用品を選べるようになることで、理想のサラツヤ髪へ近づきますよ。

シャンプーの種類や選び方

シャンプー・トリートメント

「人気のシャンプーを使ってみたけどなんだか合わないかも」と思ったことはありませんか?

頭皮の肌質や髪質は人それぞれ違うので、ご自身に合ったシャンプーを正しい方法で使いましょう。ここからは、正しい洗髪の方法、シャンプーの種類や選び方についてご紹介いたします。

シャンプーの仕方

デイリーケアで使用するシャンプーやコンディショナーは、すべてのベースになるのでとても重要です。トリートメントは、日常使いするものではありません。

正しいシャンプーの仕方は意外と知らない方も多いのでチェックしておきましょう。

1.

ブラッシングをする(フケやほこりを浮かせてよごれを落としやすくする)

2.

シャワーで頭皮まで十分に洗い流す(38〜40度くらいのお湯で2〜3分ほど)

3.

500円玉程度シャンプーを手のひらにとり、十分に泡立てる

4.

爪ではなく、指の腹でやさしく地肌をマッサージするように洗う

5.

髪の毛は泡の力で十分!なでるように洗いましょう

6.

シャンプーが残らないように丁寧にすすぐ

7.

コンディショナーを中間〜毛先につける

8.

粗めのコームでトリートメントを均一にさせる

9.

洗い流してできるだけすぐに髪を乾かす

シャンプーの種類

シャンプーの種類は、以下3つに分けられます。

アミノ酸系シャンプー

洗浄力がマイルドで低刺激なので頭皮が乾燥する方向け。髪のきしみも少なく潤いのある仕上がりになるのが特徴。

高級アルコール系シャンプー

泡立ちがよく洗浄力や脱脂力が強いので頭皮がベタつきやすい方向け。

せっけん系シャンプー

天然由来成分が多いため頭皮や髪に優しい。洗浄力と脱脂力が強めでさっぱりした仕上がりになります。

頭皮の肌質別選び方

合うシャンプーやトリートメントは人それぞれ違います。ここでは、頭皮の肌質別に選び方を紹介していきます。

以下、頭皮の肌質チェックポイントですが、頭皮と顔は一枚の皮膚でつながっているので、基本的には顔の肌タイプを参考にすると良いでしょう。

乾燥肌

(シャンプー後頭皮がつっぱる感覚がある方)アミノ酸系シャンプー

脂性肌

(頭皮がベタつきやすい方):高級アルコール系シャンプー、せっけん系シャンプー

敏感肌

(頭皮トラブルが起きやすい方):アミノ酸系シャンプー、せっけん系シャンプー

自分に合うヘアケア用品と正しい洗い方を身につけるだけで、理想のサラツヤ髪に近づけます。まずは自分の頭皮の肌質を確認して、ベストのヘアケアアイテムを見つけましょう。

おすすめヘアケア用品のご紹介

ここでは、おすすめのヘアケア用品をご紹介いたしますので参考にしてください。

最新のサービス状況について

※ナビプレス(美容・ヘアケア)本ページのサービス情報が最新に更新されていない場合があります。
最新のサービス状況につきましては、各公式HPにてご確認くださいますようお願いいたします。

その他商品・サービス

TOP