スキンケア・基礎化粧品のおすすめ人気商品は?選び方や特徴を解説

スキンケアのおすすめは?基礎化粧品について解説

スキンケア用品はさまざまな種類が販売されています。何を選べば良いか、どれが自分の肌に合っているか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。こちらでは、スキンケアの基礎化粧品についてご案内いたします。

※当サイトは一部にプロモーションを含んで運営しています。記載している商品・サービスの評価や内容に影響することはありません。
スキンケア特集

スキンケアとは?基礎化粧品をそれぞれ解説

スキンケアには化粧水や乳液、美容液などいくつも種類がありますが、それぞれの役割がいまいち理解できていない方もいるのではないでしょうか?

ここでは、基礎化粧品と言われるスキンケアアイテムそれぞれの用途や役割について簡単にご紹介いたします。

化粧水・ローション

化粧水・ローション

化粧水は肌に重要な役割を果たしています。なお化粧水のことをローションと言うこともありますが、言い方の違いでどちらも同じです。スキンローションと言われることもあります。その他には、ボディーローションやヘアローションなどもあります。

特に重要な役割は皮膚の内部に含まれている水分を補充することができることです。皮膚の内部にある水分は湿度の低い場所にいると乾燥して少なくなってしまうこともあるので、定期的に水分を補給することは肌の健康にとって大切なことです。

肌が乾燥しやすくて困っている方も、しっかりとつける習慣を身につけることで乾燥を防ぎやすい肌を作ることができます。水分を補う効果が他の商品に比べて優れている商品も販売されているので、乾燥肌に悩んでいる方にはおすすめです。

肌を滑らかな状態にできることも、化粧水の持っている重要な役割です。肌を滑らかな状態にできることはメイクをする上でさまざまなメリットがあります。肌の表面が滑らかでないと、化粧水の上から他のコスメを使用した場合、肌にしっかりとなじまないこともあります。

化粧水を使用することにより肌を滑らかな状態に変えることで、普段は肌がコスメになじみにくい方でも、しっかりとメイクをしやすくなります。

美容成分を届ける役割

化粧水は美容に役立つ各種の成分を肌に与えることができる役割もあります。肌を健康な状態に保つためには皮膚に必要な各種の栄養をしっかりと補給することが必要になりますが、毎日の食事だけでは肌を健康な状態にするために必要な栄養素を補充できないこともあります。

そのような場合でもスキンローションを使用すれば、肌を健康な状態に維持するために欠かせない栄養素を手軽に補給することができます。肌を美しくしたいと考えている方には特に重要な機能です。

その他にも化粧水には、他の種類の化粧品が肌の深い部分まで浸透するのを手助けできる役割もあります。

乳液

乳液

乳液は、化粧水などとともにスキンケアに欠かせない化粧品のひとつですが、その役割を理解している方は少ないのではないでしょうか。乳液は、洗顔後に化粧水をつけた後に使用するのが基本ですが、この化粧品には主に2つの役割があります。

一つ目の役割は、保湿の仕上げです。乳液は、化粧水と同じく大半が水分でできていますが、化粧水とは異なり油分が含まれています。洗顔後に化粧水で肌に水分を与えた後に使用すると、肌表面に油分の膜が形成されるため、化粧水で補給した水分の蒸発を防ぐことが可能です。

化粧水で十分な水分を補給しても、乳液をつけないと水分がどんどん蒸発して乾燥が進んでしまいます。乾燥が進むと肌を守るバリア機能が低下して、様々な肌トラブルにつながる恐れがあるので、洗顔後は化粧水とともに乳液を使ってケアすることがとても大切です。

二つ目の役割は、角質を柔らかくすることです。角質が硬くなると、スキンケア成分の浸透が悪化したり、肌の生まれ変わりが正常に行われなくなったりします。角質を柔らかい状態に保つためには、適度な水分と油分が不可欠となりますが、乳液には水分と油分がバランス良く配合されているので、化粧水の後に使用することで柔らかい角質を維持することが可能です。

その結果、化粧品に含まれる美容成分が浸透しやすくなるとともに、古い角質の除去がスムーズに進むため、効果的に美肌を手に入れることができます。なお、油分が含まれた化粧品にはクリームもありますが、こちらは水分量が少ないのが特徴です。乳液と同じく油分の膜で水分の蒸発を防ぐという効果がありますが、油分が多いのでテクスチャーが硬めとなっています。

また、乳液とクリームは併用することも可能です。特に、肌の乾燥が気になるという方は併用するのもおすすめですが、その際はクリームを後に使用しましょう。重ね塗りした際のべたつきが気になるという場合は、目元や口元など乾燥が進みやすい部分のみ重ね塗りするのがおすすめです。

美容液

美容液

数ある化粧品の中でも、化粧水や乳液はお肌に潤いを与えるのに対して、美容液は保湿ケア成分を含んでいるのと同時にハリやツヤ、美白などピンポイントの美容効果をもたらし集中ケアが行える化粧品です。

美容液の形態には、液体よりもややとろみのあるリキッドや、粘りの強いジェル、さらさらしたオイルなどがあり、お肌にしっかりと定着させたり浸透させることができます。美容液には大きく分けてエッセンス、セラム、ブースターの3種類があり、目的別に使い分けることができます。

エッセンスは基本的なスキンケアにプラスアルファの効果を求める時に使用することが多く、化粧水のようにさらさらした仕上げで角質層の奥まで有効成分を届けてくれます。セラムは美容成分が凝縮されており、お肌の悩みに対して集中ケアをするために用いられます。とろみのあるテクチャーを採用し、お肌にしっかりと定着させることができます。

ブースターは洗顔後など化粧水の前に使用するもので、お肌を柔らかくする成分で整えてから、次に使用する化粧水や美容液の浸透をしやすくして効果を高めることが目的です。化粧水と乳液を使用するスタンダードなスキンケアでは物足りないと感じたり、お悩みを集中して解消したい場合に美容液をプラスすることでより高い効果を発揮します。

美容液の使い方

美容液の使い方は適量を手に取り、両手の手のひらで伸ばしてから顔全体に塗布したあと、軽く手のひらで押してなじませます。続いて気になる箇所や、より効果を求めたい個所があれば重ね塗りをして、同じように手のひらで押してなじませます。

ここで化粧水や乳液の場合はお肌に浸透するまで待つことがありますが、美容液の場合は揮発性の高い成分が使用されているケースも多いことから、塗布してお肌になじませるのが終わったらすぐに次のスキンケアを行うのがおすすめです。

化粧水と乳液、そして美容液は単独で利用するだけではなく、上手に組み合わせて相乗効果を狙うのがポイントです。

目元美容液・アイクリーム

目元美容液・アイクリーム

20代であれば今現在の良好状態をキープする目的で化粧品を活用されています。30代以上だとエイジングケアに重きを置かれる傾向で、その効能を発揮する基礎化粧品を進んで購入されています。ここでは、エイジングケアの効能を持つ目元美容液の役割についてご紹介いたします。

アイクリーム・目元美容液とひとことに言っても、いろいろな成分で構成をされている製品です。40代以上で顕著となる小じわを対策するには、シワの部分の皮膚にハリを与えないといけません。その場合、プラセンタやヒアルロン酸という成分が多く配合されている製品が選択肢としてあげられます。

シミの場合は、皮下組織に出来てしまったメラニンを消す効果が必要になります。その場合は、プロテオグリカンやビタミンCなどが配合された製品が人気となっています。これらより、アイクリーム・目元美容液には自然由来の美容成分を中心とした基礎化粧品であることが分かると思います。コスメの場合、ファンデーションやルージュ・マスカラなどには化学物質が使われています。

いろいろな発色をおこなって、より明るい肌に見えるようにする必要があるからであり、それを生み出すために顔料などを配合しています。それとは違い、アイクリーム・目元美容液の場合は素肌そのものの状態を良くするためのアイテムになります。

素肌にとって望ましい栄養素の補給にも焦点を合わせる製品が多く、食品と同等のシビアな取扱いと製造が求められているのもポイントです。添加物の配合がされていないのが大半で、開封後は約3か月で使い切るタイプが多くあります。

年齢を重ねたことにより、目元にできたシミ・シワをしっかりとケアをして改善をする役割があり、その確かな効果を得るには取扱いにも気を付ける必要があります。デパートやドラッグストア、ネット通販でいろいろなアイクリーム・目元美容液が販売されており、どの商品を買えばいいのか悩まれる場合はまず効能に着目しましょう。

オールインワン化粧品

オールインワン化粧品

オールインワン化粧品は、化粧水や乳液など、複数の化粧品が持つ役割を一度にこなすことができるアイテムです。通常のスキンケアでは、洗顔のあとにまず化粧水をなじませ、そのあと乳液や美容液を使うといった流れが一般的となります。

最初に化粧水でたっぷりと水分を肌に与えて整え、そのあと美容成分や油分を含む化粧品でうるおいを保持するという仕組みです。手順を踏んでスキンケアを行っていくのは手間がかかりますし、買い揃えなければならない化粧品の数も多くなってしまいます。

家では忙しくてあまりスキンケアに時間が取れない、面倒になって途中のステップをスキップしてしまう、という方も少なくないと思います。そうした悩みを解決できるのが、一つで何役もこなすことができるオールインワン化粧品です。

オールインワン化粧品にはさまざまな種類がありますが、とくに多いのはジェルタイプの製品です。保水性が高いジェルに、保湿成分や美容成分がたっぷりとプラスされています。クリームよりもテクスチャーが軽く、肌に馴染みやすいのが魅力です。

また、使用後はベタつかず、手触り良く肌を整えることができるため、洗顔後すぐにメイクをしたい場合などにも適しています。オールインワン化粧品の場合、一緒になっている分スキンケアの効果が少ないのでは、と思う方もいるかもしれません。

しかし美白成分やリフトアップケア成分などをふんだんに配合した、多機能タイプのオールインワンも数多く販売されています。浸透性の良いジェルに美容成分を贅沢に配合していますので、時間をかけずにしっかり美肌ケアをしたいという方におすすめです。

日によって乾燥したり、皮脂が多くなるなどお肌の状態が変化しやすい方の場合、オールインワンジェル一つで毎日ケアをするというのはやや難易度が高くなります。基本のケアとしてオールインワンを使い、肌状態が変化している時期は別のアイテムをプラスするといったスタイルでスキンケアをしていくのが良いでしょう。

おすすめスキンケア化粧品

ここからは、スキンケア化粧品のおすすめをご紹介いたします。口コミや評判が良く、人気のある商品になりますのでご参考ください。

最新のサービス状況について

※ナビプレス(美容・スキンケア)本ページの商品情報が最新に更新されていない場合があります。
最新のサービス状況につきましては、各公式HPにてご確認くださいますようお願いいたします。

その他商品・サービス

TOP